|【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療|サイトマップ


スポンサードリンク


むちうちの症状
むち打ち症はスポーツや自動車事故が原因で起こる症状を総称したものです。大きく頸椎捻挫、外傷性頸部症候群、頸部挫傷に分けられます。

むち打ち症には以下のような傷病があり、それぞれ症状は異なります。

●むちうちの傷病とその症状
◆頸椎捻挫
むちうちの70〜80%を占める傷病です。

〇症状
・首を伸ばすと、肩や首の後ろが痛い
・肩や首の動きが制限されることがある

◆バレ・リュー症候群(後部交感神経症候群)
椎骨動脈の血流が著しく低下します。

〇症状
・吐き気、耳鳴り、めまい、頭痛など

◆脳髄液減少症
かなり強い力が腰椎の神経根にかかり、クモ膜が裂けてしまう傷病です。

〇症状
頭痛(天候・気圧の変化に左右されます)

◆脊髄症状型
脊髄もしくは神経の損傷により、歩行障害や知覚異常が起こるようになります。
※膀胱直腸障害が起きると、排尿障害や排便障害が生じることがあります。

◆神経根症状
頸椎に歪みが生じ、神経が圧迫されて出る症状です。

〇症状
・首の痛み
・顔面痛
・後頭部の痛み
・だるさ

またこれら以外に、不安神経症や心的外傷ストレス(PTSD)が出る方もいます。

むちうちは治療が長期化します。あなたの治療に誠実に対応してくれる医師がいる病院で治療を行いましょう。
むちうちの原因
【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療TOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責