|【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療|サイトマップ


スポンサードリンク


針治療
事故やスポーツなどでむち打ち症を起こしてしまった場合、ほとんど治療が長引きます。病院の治療だけではなかなか改善しない場合には、いろんな治療法を試すようになります。

●むち打ち症に針(鍼)治療
鍼灸は厚生労働省が認可している治療です。
合う・合わないは治療を受けてみないことには分かりませんが、試してみる価値はありますね。

もちろん、針治療を受けるのは病院で診断を受けたあとです。

むち打ち症は、通常の画像検査ではなかなか異常を発見することができない傷害ですが、どこにどんな異常が出ているか分かりませんし、数日経ってから何らかの不調が出ることもありますから、しっかりと検査を受けておくべきです。

●慢性化したむちうちに
針治療は慢性化したむちうちに効果があるとされています。ただし必ず効果を感じられるかどうかは分かりません。

一般的に鍼(針)治療が効果を発揮すると言われている症状は以下のとおりです。
◆神経系疾患
頭痛、神経痛、顔面神経麻痺(初期)、末梢神経障害、片頭痛など

◆運動器系疾患
捻挫、打撲、腰痛、関節炎、むちうちなど

この他にも代謝内分泌系疾患など様々な疾患に効果があると言われています。保険適応になる院もあるようですから、事前に尋ねてみてくださいね。
効果的なつぼ
【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療TOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【むちうち.com】むち打ち症の原因や症状と治療  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責